読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライターへの道

ライターを目指して奮闘する私をどうぞ見守ってください

新潮45

 仕事帰りに本屋さんに立ち寄り買いました。

他の収入が得られる時は、なるべく本を買うことにしようと思っています。

 

29年前に同じ特集をしたそうです。

当時、反響が大きかったのだとか。

そうだろうと思います。

 

人にとって死は一生に一回しかないわけだし、

実際に自分の知り合いが何百人といる方が稀だと思うから、

人の死は身近なようで、どこか他人事なんだと思う。

 

死ぬための生き方

 

私はなんのために生まれたのかたまにわからなくなることがある。

だからこのテーマは大変興味深い。

結局死んじゃうのになんのために頑張るんだろうとかね。

 

生まれちゃったからには、生きるしかないからやりたいことやってやるというのが、今の私の考えです。

 

もちろん答えなんて一生でないんだけど、

なんとかもがくから、生きているのも悪くないなんて思うのかなと。

 

読み進めてまた思うことを更新します。

 

新潮45 2016年 08 月号 [雑誌]

新潮45 2016年 08 月号 [雑誌]