読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライターへの道

ライターを目指して奮闘する私をどうぞ見守ってください

書評が苦手

書評を書くのが苦手であります。

 

読書感想文の宿題が苦手だったことを思い出します。

諸先輩に教えてもらったことは、

 

1・第三者が読みたいと思うものをかくこと

2・コピペではなく、内容を咀嚼して自分の言葉で書くこと

3・抽象的な表現ではなく具体的に書くこと

4・起承転結を明確にすること

5・自分の書きたいことを書いただけでは、

人に伝わらないこと

6・その本に書かれていることを理解すること

 

 

他にもいろいろありますが大枠はこんな感じでしょうか。

 

その本を読んでその人がどう思うかなんて、は人それぞれではないだろうか。とも思ってしまっていたので、

考え方を改めなければといけないと思います。

 

猛省です。

自分は何にも考えないできたんだなぁと思います。

 

考えることから逃げてきたんだと思います。

 

読書量も足りないことを痛感しています。

 

ここから追いつくには、

先に始めている人の何倍もやらないと、

同じ土俵にあがれないんだと…

 

やる気だけではダメだ。

 

でも私はしぶといので、簡単には諦めんぞー!